国家資格 難易度 仕事

国家資格を解剖!資格の難易度、人気の国家資格を紹介!

【国家資格】社会保険労務士の難易度

社会保険労務士の難易度は意外と知られていませんが、かなり難しい試験です。
もちろん、難しいといっても司法書士や税理士などから比べれば優しい試験ですし、
1年や2年で十分合格できるレベルです。
それでも今回紹介した行政書士よりも難しいと思って良いでしょう。

では、何が大変かというと、試験範囲が広いので、相当な学習量が要求されるのです。
個人差によって変わるので一概に言えませんが、勉強時間で現すなら、1000時間以上は必要となります。
単純計算をすると、毎日約3時間勉強したとしても1年間かかることになります。
これだけの期間挫折しないで勉強し続けられるかが合格する上でのポイントなります。

ですが、逆に言えばそれだけ勉強すれば合格できるレベルに達すともいえます。
それに勉強時間というのは、勉強スタイルとよっても大きく異なります。

例えば、通信講座(DVDで講義が視聴できることが前提)や予備校を受講すれば、1000時間以下で合格できる可能性が高くなりますし、独学ならそれ以上かかってしまいます。
まあ、1000時間というのはあくまでも目安ですので、それくらい勉強しなければしけないと思って下さい。

次に合格率と試験範囲を見ていきます。

平成27年度 2.6%
平成26年度 9.3%
平成25年度 5.4%

試験科目は、

の8科目です。

まず、合格率を見てみると行政書士よりも若干低いことがわかります。
それに、社会保険労務士の場合、受験資格が設けられているため、最低限の学力を有している受験者が多くレベルが高いのです。
さらに、試験科目数も行政書士と同じですが、合格基準に各科目の最低点が設けられているので、全科目満遍なく学習しなければいけません。

ですが、社会保険労務士にもきちんとした攻略法があり、それを学べば知識0の方でも十分合格できます。
その方法は、ここでは伝えきれないので、通信講座や予備校で学ぶと良いでしょう。
但し、通信講座の場合は、必ずDVD講義を用意しているところを選んで下さい。
とてもテキストと問題集だけでは対応できません。
だれもが知っているある大手の通信講座では講義を用意していませんので、慎重に選ぶことをオススメします。

難易度の高い国家資格の攻略法はコチラ

<メニュー>

TOP

不況に強い国家資格とは

<人気資格一覧>

行政書士

社会保険労務士

ファイナンシャルプランナー

宅建

<資格の難易度>

行政書士の難易度

社会保険労務士の難易度

ファイナンシャルプランナーの難易度

宅建の難易度

<関連サイト一覧>

社会保険労務士の年収

行政書士の年収

行政書士の勉強法

資格の難易度を徹底紹介

Copy Right 国家資格を解剖!資格の難易度、人気の国家資格を紹介! Since 2010