国家資格 難易度 仕事

国家資格を解剖!資格の難易度、人気の国家資格を紹介!

【国家資格】宅建の特徴

「すぐにでも就職したい」「仕事の内容よりも安定した会社に勤めたい」。
このような悩みを抱えている方は多いと思います。

派遣やバイトなどの不安定な生活をしている方は、仕事の内容とかではなく、
まずは、安心して働ける環境を整えたいと思うはずです。
そんな方は、是非宅建の資格取得を目指して欲しいと思います。
何故なら、宅建は就職という意味では、一番即効性がある資格だからです。

宅建というと不動産系の会社に就職するというイメージが強くなります。
確かにそれは間違いではありません。
ですが、宅建は不動産以外の企業の就職に意外と強いのです。

例えば、銀行や証券、保険などの金融業界、または業種関係なく企業の総務で働きたいと思っている方にも役に立ちます。
その証拠にとあるアンケート調査の結果によると、企業が社員に進める資格の第1位が宅建というデーターもあるくらいです。
それに宅建を受験する方の80%は、実は不動産と直接関係のない業界の人たちです。

どの企業にとっても土地や建物というのは、営業の基盤となるので、その知識を企業が求めているという事が言えるのです。

しかし、行政書士や社会保険労務士と違い、独立開業してガンガン稼ぐというような資格ではないので、そういった意味の派手さはありません。
バブル期のように年収1千万円は簡単に稼げるという事は、今の時代ではありえませんので、どうしても勤めている企業の一般的な収入になってしまいます。
もちろん中には、宅建という資格の特徴を活かし稼いでいる人もいますが、現実的にそうなるには中々難しいことです。

それでも、毎月安定した収入と5千円~4万円くらいの資格手当てが毎月もらえるメリットはあります。

現在は、不況の影響から個人の思考が安定を求める傾向にありますので、その点では宅建は非常にオススメできます。

冒頭でも説明したようにまずは安定した仕事に就いて、安心した生活を送りたいと考えているなら、宅建を取得するのが良いと思います。

難易度の高い国家資格の攻略法はコチラ

<メニュー>

TOP

不況に強い国家資格とは

<人気資格一覧>

行政書士

社会保険労務士

ファイナンシャルプランナー

宅建

<資格の難易度>

行政書士の難易度

社会保険労務士の難易度

ファイナンシャルプランナーの難易度

宅建の難易度

<関連サイト一覧>

社会保険労務士の年収

行政書士の年収

行政書士の勉強法

資格の難易度を徹底紹介

Copy Right 国家資格を解剖!資格の難易度、人気の国家資格を紹介! Since 2010