国家資格 難易度 仕事

国家資格を解剖!資格の難易度、人気の国家資格を紹介!

これからは法律やコンサル系の資格が熱い!

ここで、国家資格について解説していきます。
まず、国家資格といっても種類は様々で、法律系や医療系、技術系など上げればきりがありません。
どういった国家資格を選ぶかは、その人の目指す目標や環境にもよって異なってきますが、このサイトでは法律系やコンサル系の資格をオススメしていきます。
何故なら、法律系やコンサル系の資格は、周りの環境に左右にくく、沢山の報酬を稼ぐことができるからです。

法律系やコンサル系の国家資格というのは、行政書士や中小企業診断士、司法書士がそれに当たります。
このような資格と言うのは、今後世の中がどのように変化していこうとも、仕事がなくなることはありません。
例えば、行政書士のような法律系の資格は、新しい法律が出来るたびに仕事の需要が増え、景気に左右されにくいのです。現に10年前に比べ、3割くらい取り扱える仕事の数が増えました。

また、資格そのものがあれば仕事ができるので、働いている会社や事務所が倒産しようとも個人ですぐに仕事をすることも出来ます。

それに比べ、技術系の仕事なら、就職や転職に対して即効性があるものの、リストラにあったり倒産にあったりすればまた一から仕事を探さなければいけません。
しかも、世の中の景気に左右されやすいので、優れた技術があっても仕事自体がないことはザラです。

医療系にしても、仕事の需要はありますが、低賃金というネックがあります。
その中で稼ぐとなると、医者や看護師などならなければいけなくなり、そのためには特殊な知識や技術を学ぶために、大学や専門学校に通わなければいけなくなります。
それを皆が皆できるわけではありません。

ですから、総合的に考えて、法律系やコンサル系の国家資格のほうが現実的にも将来的にもオススメできるのです。

では、ここから考えなくてはいけないのが、法律系やコンサル系の国家資格の中から、どの資格を選ぶかという事です。
今から、司法試験や司法書士を受験しようと思っても現実的ではありません。
ポイントは、働きながら学習して短期間で合格できる可能性の高い国家資格です。

そこで、次のページから、仕事の将来性、収入、試験の難易度を踏まえた上で、
オススメの資格を紹介していきます。

その中から、自分に合いそうな国家資格を検討してみて下さい。

難易度の高い国家資格の攻略法はコチラ

<メニュー>

TOP

不況に強い国家資格とは

<人気資格一覧>

行政書士

社会保険労務士

ファイナンシャルプランナー

宅建

<資格の難易度>

行政書士の難易度

社会保険労務士の難易度

ファイナンシャルプランナーの難易度

宅建の難易度

<関連サイト一覧>

社会保険労務士の年収

行政書士の年収

行政書士の勉強法

資格の難易度を徹底紹介

Copy Right 国家資格を解剖!資格の難易度、人気の国家資格を紹介! Since 2010